ご挨拶・理念

ご挨拶

 21世紀を迎え私たち稲尾乳業は、おかげさまで創業100余年を迎えることができました。これも皆様のご支援とお力添えのおかげであると深く感謝いたしております。
 IT化時代を迎え、時代の変化はさらに激しくなっております。しかし、毎日が健康で楽しくありたいという人間の基本は、これからも永遠に変わることはないでしょう。地域のみなさまへの健康と食文化への貢献をめざし、各お取引先のみなさまやメーカーとの連携をより深めることで社会に貢献していかなければならないと考えます。
 京都では、これからは今まで以上に、観光にも力を入れていく必要があります。私たちとしましても、それを影でささえていけるように、万全の体制で取り組んでまいります。
 また新しいチャレンジとして、滋賀県に新しく滋賀支店を開設し、より多くの人々のお役に立てますよう、心のこもった、よりきめ細かい対応をさせていただけるよう、精進してまいります。
 これからも絶えず創意工夫をこらし、自己変革に励み、ご期待に添えるよう努力してまいります。

稲尾乳業株式会社
代表取締役社長

稲尾 秀樹

理念

私たちは、みなさまの『おいしいね』を支えていきます。

●問題意識を持って、きめ細かい対応を実現
『このお客様は、こんな商品を求められているんだ!』
稲尾の営業マンは、いつも問題意識を持ってお客様の声を聴き、必要とされるものをすばやく察知し、提供しています。
お客様との会話の中から、またメーカーとの勉強会、交流会、情報交換などによる情報収集により、これからどの様な商品が求められるのかを知り、理解することで、当社のモットーである『お客様へのよりきめ細かいサービス』が可能になります。
これからも従業員全員が、常にアンテナを張りめぐらせ、時代の流れを察知していきます。